辛くて苦しい時こそ「人生はゲームだ」と思う。結局は楽しんだもん勝ちやで。

 

人生なんて所詮ゲームだ。と誰かがいった。

その通りと思う。

 

周りを見ていると、自分の人生をやけに大事にし過ぎていないか?と思うことが多々ある。

 

いや、わかる。偉そうなことを言うつもりはない。僕もそうだった。

人生は一度きり。大事なのはわかる。

 

でも、結局はゲーム以下でもないし、それ以上でもない。

楽しんだもの勝ちなのだ。

 

人生に勝ちも負けもない。

あるとしても、勝っても負けてもいい。死ぬときに楽しかったと思えたらそれでいい。

 

いや、死ぬときはもっとあれか。あれもこれもやりたかったなー。でもまあ結構楽しんだし、良しとするか。みたいな感じがリアルか。

 

兎に角、人それぞれゲームの楽しみ方はあると思う。

 

ずっと石橋を叩きまくりながら慎重に進めていくやつ。

えいやー!でやってみてトライアンドエラーを繰り返すやつ。

 

どれでもいいけど、結局今を楽しんだやつが一番えらい。

だって楽しむ以外人生の目的なんてないのだから。

 

こういうと、楽しかったら人に迷惑をかけてもいいのか!としょーもないことを言ってくるやつがいるけど、もちろんよくはない。大切な人を悲しませるべきではない。

ただ、誰にも迷惑かけずに生きていけというのもちとどうかと思う。

 

人間誰しも生きているだけで誰かの世話になるし迷惑をかけることもある。

だから結局そこもゲームなのだ。B面よB面。

 

少し迷惑をかけられたぐらいで後々までねちねち考える時間がもったいないし、少し迷惑をかけたからといってそんなのお互いさまだ。

あいつ迷惑だけどなんか憎めないよな、なんて思われたらもう勝ちだ。

 

あと、世界で自分が一番不幸なんじゃないかくらいの顔して落ち込んでるやつ。

絶対違うから。大丈夫。上には上がいる。

 

そもそも苦しいも悲しいも、その時点での解釈に過ぎない。

それも込みで結局は最後に楽しかったと思えたらオールオッケー。

 

 

 

人生は大きく分けると4つのゲームにわかれる。

対人、遊び、仕事、投資である。

 

対人は結局のところ、友達と女と子供を増やすゲーム。

人は対人がなければ宇宙に一人でいるのと同じだ。対人関係がないと悩みは存在しないし、喜びも対人関係の中にしか存在しない。

 

遊びは、本能の赴くままに突き進むゲーム。

人間なんて動物のなかの一種だ。そもそも崇高な生物じゃないし、本能に身を任せることも大事。楽しむためには。

 

投資は、お金を効率よく増やすゲーム。

最近では価値主義や信用経済などの言葉を嫌というほど見聞きするが、資本主義がこのままなくなることは考えにくい。

レイヤー状に存在する複数の経済の中を、個人が自由に選択しながら活躍できる未来がくるのかもしれない。

ただ、今のところこのお金というのが一番効率よく価値に変換しやすいのは間違いない。今後もこのお金を増やすゲームはたくさんの人の中で続く。

 

仕事は、価値と信用をつくるゲーム。

これから人間の代わりにAIが仕事をやってくれる中で、先ほど触れた経済を自由に選びながら僕たちはこれから人生のひまをいかに楽しむかの勝負になる。

お金を稼ぐことが仕事ではない。

対価として今はお金を貰っているだけであって、それが目的になった仕事は時給計算されたただの作業である。

 

 

あなたが、人生というこの世で一番楽しいゲームを楽しめるかどうか。

それを決められるのはあなたしかいない。

 

 

 

人生はゲームである。対人も遊びも投資も仕事もぜんぶゲーム。

ゲームなんやから楽しんだもの勝ちなんやで。

みんな楽しみや!

4 Responses to “辛くて苦しい時こそ「人生はゲームだ」と思う。結局は楽しんだもん勝ちやで。”

  1. Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    >仕事は、価値と信用をつくるゲーム。

    仕事は一番楽しい。

    今後も訪問させていただきます。

    よろしくお願い致します。

  2. こんにちは。
    ブログランキングから来ました。
    本当にそうですよね。
    自分は基本、小心者なので、
    小さいことで、
    直ぐクヨクヨしてしまうんですよね。
    これからはネガティブなことがあったら、
    「これはゲームなんだ」と思って、
    楽しむ感覚で行動しようと思います。
    ポチッとさせていただきますね。

コメントを残す