海外オフショア投資の特徴・デメリット|世界一分かりやすく噛み砕いてを説明しよう。

オフショアとかタックスヘイブンとか、耳にしたことはあるけど意味はよくわからん。

そういう方も意外と多いのではないだろうか。なので今回は、

  • そもそもオフショア投資ってなに?
  • どんなメリットやデメリットがあるの?

という基本的なところを出来るだけ分かりやすくまとめてみようと思う。まあググればネット上に色んな解説があるわけだが、いかんせん文章が小難しくて分かりずらい。

かくいう僕も初めてオフショア投資を始めた頃はチンプンカンプンで40%くらいしか理解できなかったのを覚えている。もっと誰でもわかるように分かりやすい日本語で説明しろよと思ったことを思い出したので、もうこうなれば自分でやろうと思った次第だ。

できるだけ無駄を省きながら噛み砕いて、ユーチューブ流しながらでも分かるくらいを目指して説明しようと思う。

わかりにくいとこあったら言ってねー。

オフショアとは何なのか?

「オフショア=沖合い」

直訳するとこうなるが、簡単に言うと税金がかからない、もしくは税金が低率の地域をオフショアという。

元々の由来はヨーロッパやアメリカなど大陸から見て、そういった税金面で優遇された地域が沖合いにあったことからそう呼ばれるようになったそうだ。

ちなみに、「タックスヘイブン」は聞いたことがある方も多いと思う。「税の回避地」という意味合いの言葉である。

数年前、日本でもパナマ文書がニュースを賑わせた際に周知されたが、まさにそのタックスヘイブンがオフショアだと思ってもらってOK。(厳密に言うとイコールではないが、ここでは分かりやすくするためにそうしておく)

日本で一般的にいわれる「オフショア」という言葉の定義というのは、具体的に言うと「法人所得税率が20%以下の地域」を指す。

そんな税金面で優遇されているオフショア。当然ながら世界中の企業や投資家からお金が集まる。

一説によると、世界の約60%のお金がこのオフショア地域に集まっていると言われている。

世界のオフショア国、地域ってどこなのか?

オフショアは、細かい地域も含めると世界中になんと40ヵ所以上もあることをご存じだろうか。

世界のオフショア地図はこちら。

出典:https://www.asahifinancial.jp/_m/offshore/

 

大陸の中にもあるが沖から離れた小さな島々も多い。オフショア(沖合い)と呼ばれるのも何となくしっくりくる。

オフショア投資のメリット・デメリットとは?

メリット デメリット
  • 税金面で優遇されている
  • 日本より魅力的な金融商品が満載
  • 複利を活かせる
  • 国内に比べ手数料等が安い
  • IFAに運用を一任勘定してもらえる
  • 資産プライバシーが保護できる
  • 資産分散できる
  • 国内では情報が手に入りにくい
  • 紹介者にカモられるリスク
  • 為替の影響を受ける
  • 国の政治状況の影響を受ける
  • 言語の障壁がある

オフショア投資といっても色々ある。商品によってケースバイケースではるが、簡単にザッとまとめるとこんなところ。一つずつ補足説明しておこう。

メリット1 税金面で優遇されている

オフショアのメリットはやはり税制。地域によっても差はあるが、例えば近場のオフショアである香港と日本を比べてみるとこんな感じ。

 

香港の税率 日本の税率
消費税 0% 8%
所得税 15% 40%
法人税 16.5% 40%
キャピタルゲイン
(売却益、譲渡益など)
0% 20%
インカムゲイン
(配当、利子収入など)
0% 20%

この違い。当然金額がデカくなればなるほどこの差はえげつない。

ただし投資で最終的に得た利益については、基本的に日本に住んでいるなら日本の税制が適用される。日本居住者はここちょっと注意。

ひと昔前まではそのあたりもグレーだったが、最近では税金面に関してはかなり厳しくなってきてて、海外でもマイナンバーの提出を求められたりする。各国と租税条約を結んでいるので、金融庁もばっちり現地と情報を共有し合っている。

つまり、どこで資産を増やしても金融庁には筒抜けということ。確定された利益についてはちゃんと納税しないと面倒なことになる

メリット2 日本にはない魅力的な金融商品盛りだくさん

オフショアを含む海外には、日本にはない魅力的な金融商品に溢れている。ファンドや保険などはもちろん、日本では考えられないほどリターンの大きい商品が多い。

ただこれは日本を基準にするからそう思うだけで、海外ではごく普通の金融商品だ。海外が特別すごいわけではなく日本が酷すぎる。その現実を知ってほしい。

日本に生まれて日本で生活しているだけだと気付かないかもしれないが、ハッキリ言って日本の金融商品はクソ。優秀なのは掛け捨ての保険くらいのものだ。

このあたりは話し出すと長くなるのでここでは割愛するが、また需要がれば別記事でまとめたいと思う。

メリット3 複利の恩恵を受けられる

「複利」とは、元本についた利息も含めた金額に利息がつくシステムのこと。元本だけに利息がつく「単利」と違って、長期になればなるほど雪だるま式でお金が増えていく。

例えば、毎月5万円ずつ積立てるとこんな感じ。

金利ゼロ 複利10%
5年後 300万 386万
10年後 600万 1008万
20年後 1200万 3624万
30年後 1800万 1億1300万

(計算:年複利、非課税)

 

長くコツコツ積立れば積立てるほど、複利の効果が効いてくる。30年後には、元手1800万円にたいして1億1300万。この差はでかい。

日本では基本的に単利で源泉徴収とかあるが、オフショアでは複利が当たり前で源泉徴収もない。日本のクソな銀行や保険会社に積立てるくらいなら、場所を変えてオフショアで積立てた方が圧倒的に有利なのがこれでわかると思う。

かの天才発明家アインシュタインも「人類最大の発見は相対性理論ではなく複利である」とまで言っている。効率よく資産を増やすならこの大発見を利用しない手はない。

メリット4 国内に比べ手数料等が安い

日本で海外投資をしようと外貨預金や海外ファンドなどに手を出そうとすると、とにかく手数料や仲介手数料が高い。

例えば国内の証券会社と通して海外投資したら、本当は5%くらい利回りが出てたとしても、なんやかんや引くに引かれて手元にくるのは0.5%くらい、とか。

天引きされるので手数料のカラクリを知らないとわからないが、これは単純にもったいない。そ国内の証券会社を通さず直接海外オフショアに投資したほうが断然得である。

手数料の差異はパフォーマンスに直結する。

メリット5 IFAが一任勘定で運用

IFA(Independent Financial Advisor)は、わかりやすくいうと資産運用する専門の会社のこと。日本だと金融商品の販売会社と運用会社は同じだが、海外では別々になっている。

IFAへの手数料は運用資産の1%という形が多い。IFA側もお客さんの資産が増えれば自分たちの利益が上がるわけだから、うまくwin-winの関係になってる。日本ではこうはならない。

問題は、手数料以上の働きをしてくれるのか。これはIFAによる。ただオフショアのIFA社員が日本の金融マンより超優秀なのは間違いない。世界のトップエリート金融マンがチームを組んだようなヘッジファンドみたいなものを想像してほしい。

もちろんIFAも数百数千社あるのでピンキリで中には業績の悪い会社もあるが、そういう場合はお客側の判断で自由にIFAを移管できる。そもそも事前に過去の実績などを見て選んだほうがいいが。

メリット6 資産プライバシーが保護できる

資産のプライバシーを守ることは超大事。いつ誰に資産を奪われるかわからないからだ。大げさに思うかもしれないが、裁判所命令で資産を取られることなんか日本でも普通にあることだ。

しかし、例えば世界的な金融大国として有名なオフショアであるスイス。

最近はテロや犯罪組織などお金の流れを把握する目的もあり、CRS(租税条約)が締結され各国が情報開示に前向きになっているが、それでもそういった犯罪がらみでない限りはたとえ日本政府からの要求だろうとスイスの銀行は跳ね除ける(アメリカの要求だと折れるかも)。

オフショアの金融システムのそもそもはヨーロッパ諸国のシステムを受け継いでいる。

ヨーロッパは長い歴史の中で、戦争や紛争など領土の奪い合いが続きてきた。島国の日本だと考えられないかもしれないが、国自体が崩壊したり侵略されたりなんてことは日常茶飯事だったのだ。

そんな中で「資産は国に任せず自分で守る」のが当たり前に行われてきた。「信託」もそんなヨーロッパで資産を守るために生み出されたシステムで、これは今もなお世界中で資産保全に使われている。

まあこのあたりの歴史背景も話し出すと長くなるのでここでは省くが、それくらいオフショアではプライバシー厳守は徹底されているということ。

メリット7 環境の違う場所に資産を分散できる

お金を増やすことも大事だが実は守るほうがもっと大事だったりする。そして、環境を分散させることであらゆるリスクを分散させることができる。

例えば、日本人はほとんどが資産を円で貯金で100%という形で持っているが、それは例えるなら、ギャンブルで全資産を一点張り勝負しているのと同じことだ。

もちろん銀行は万が一のことがあっても1000万は保障してくれる。だが、もし日本がハイパーインフレなったら?物価が急騰し円の価値が下がったら?北朝鮮がミサイル打ってきてドカーンてなって円が暴落したら…??

そう考えると、円だけで持っておくよりドルやユーロも分散してもっておいた方が、一つに何かがあったとしても別の資産は大丈夫なわけで。さらに通貨だけじゃなくて、株式や債券、不動産やコモディティなど種類も分散しておいたほうがリスクヘッジになるわけだ。

資産保全の格言で「国と自分の運命を切り分けろ」などと言われるが、理想的には本当にその通り。日本が明日どうなろうとも、国外に資産を分散し持っておいて個人では破滅しない状況を作っておくことが大事なのだ。

しかしこういう話をすると、真摯に受け取って考え行動する人は少ない。それも無理はない。そういうリテラシーすら日本では教育されないわけだし、日本にずっと住んでると平和ボケするのもわかる。

僕らは誰も未来のことなんて分からない。そういう意味では資産分散はメリットというよりはリスクヘッジという意味で必須になると思う。

 

デメリット1 情報が手に入りにくい

オフショアを含む海外投資の情報は日本では規制されている。ばびで日本に住んで生活している限りなかなか正確な最新情報が手に入りにくい。

実際におそらく周りで実践している人も少ないという環境もあるだろう。そういったことが海外オフショア投資で詐欺られたり失敗したりする人が絶えない要因の一つでもある。

金融庁によって情報がシャットアウトされてる理由は色々言われているが、まあ単純に国民に知られちゃ困るからというのがデカイだろうと思う。

みんな知ってしまうと、明らかに国内よりも魅力的なのでみんなそっちに流れてしまって、結果的に国内の金融機関が危機にさらされる。金融機関が潰れると、国債の買い手が少なくなるので日本の財政が危なくなる。

日本は世界一の借金大国。税収よりも多額の国債を発行してなんとか凌いでいるに過ぎない。

デメリット2 ブローカーにカモられる・詐欺られる

オフショア投資を始めるには直接海外のIFAと契約するか、国内のブローカー(紹介者)から紹介してもらうか、基本的にはそのどちらかになる。

現実的には日本人の多くはそういった契約には慣れていないだろうし、英語で不自由なくやりとりできる人もそう多くはないと思うから、結局ブローカーを介することになるだろう。

ブローカーってのは、契約や申込みのお手伝いをしてくれる人。海外のIFAと提携していて、契約を取ってキックバック報酬を貰っている人たち。

で、よくオフショア投資で失敗する原因はほとんどこの「ブローカー選び」だったりする。

契約さえ取れればOKという悪徳業者は、嘘をついたり自分たちの利益優先で説明不足だったり。契約者が無知なのをいいことにカモるわけだ。

もしくは、契約まではこまめに連絡が取れていたのに、契約が済んだら急に連絡が取れなくなったり。アフターサポートのアの字もしないクソ業者も実際にいる。

とにかくブローカーとは長い付き合いになるから、信用できるまともな人を選ぶのが鉄則だ。まあそこが難しいのかもだが。

デメリット3 為替の影響を受ける

一般的に為替リスクともいわれるが、例えばドルで資産を増やして最終的に円に換金したい場合、その時の為替によって損益がでる可能性リスクをいう。

個人的には、外貨で資産を増やしたらそのまま現地の銀行口座でも開いて、そのまま外貨で保有しておくことをオススメする。

よく行く国なら、行ったときにいちいち円を両替しなくても現地のATMでお金をおろせるし、そうすれば為替は関係なくなる。ATMカードさえ持っておけば日本でもいつでも引き出せる。

それに、例えば複数の外貨と円を持っておけば、為替の乱高下に合わせて「じゃあこの通貨で支払おうかな」みたいに選べる。つまりどこで生活しようと為替で負けることはない。

デメリット4 国の政治状況の影響を受ける

これもカントリーリスクと言われたりするが、ようは投資している国で戦争や政治的なクーデターが起きた場合の影響を受けるというものだ。

日本では少し実感がわかないかもしれないが、海外では政治絡みの事件や紛争などふつうにある。戦争にだって発展する可能性は全然ある。

というか、そもそも100%安全安定の国なんてないということを理解しておいてほしい。日本だって今後借金が膨らんで高齢化社会で経済も停滞して財政破綻…なんて可能性も全然ある。

何もなければそれでOK、何かあった時のための資産分散である。

デメリット5 言語の障壁がある

よくいわれる言語リスクだ。世界基準でみるとやはり英語は話せて当たり前という認識。ただ日本人はまだまだ英語が話せる人の割合が少ない。

たいていの場合、IFAとのやり取りも紹介者(日本人)を通したり、そもそもIFAにも日本人スタッフがいたり日本語サポートがあったりするから問題ないが、そのあたりを確認しないまま契約するといざ何かあったときにめちゃくちゃ困ることになる。

海外の銀行口座を開くのも、昔は英語がダメでも通訳さんがいれば何とか開設できたりしたが、最近では通訳の同行NGの銀行も増えてきている。というか、非居住者が開設できる銀行もずいぶんと減った。

 

オフショア投資は普通の投資と何が違うのか?

まず一つ、国内投資と比べて大きく違うのはやはり「税制面」である。オフショア地域の多くは利子や配分益などがかからないので、出た利益をそのまま上乗せして回すことができる。

ただし、日本に住んでいる限り最終的な確定益に関しては日本の税制が適用される。でもこの利確するまで無税で回せるというのは非常の大きい。

 

もう一つは、魅力的な金融商品が日本と比べものにならないくらい豊富にあるということ。日本では考えられないくらい融通が利いたり、ボーナスが付与されたり、とにかくリターンが大きいのが最大の違いの一つ。

例えば日本の保険だと、満期になるまでおろせなかったり崩すとなると解約扱いになるが、オフショアの保険だと一部取り崩しが自由にできたり、減額や増額も自由な商品が多い。

しかも毎年複利運用されているので、積立てているときはゆっくり雪だるま式で増えて、取り崩すときもゆっくり減っていく。つまり、総額で引き出せる額が桁違いになる。

 

オフショア投資で節税、税金対策はできるのか?

厳密にいえば節税できるケースもなくはないが、個人レベルではもはや「出来ない」と考えたほうがいい。

ひと昔前までは、オフショアに銀行口座を開いて資産を隠したり、オフショアにペーパーカンパニーを設立して法人税を減らしたり、相手国の税制と日本の税制を組み合わせてうまく相続税を発生させないスキームなどなど色んな節税スキームがあった。

これは個人レベルではもちろん、アメリカやヨーロッパなど世界的な大企業も規模は違えど実際にやっていることである。

ただし近頃は、テロ組織の武器売買や麻薬組織のマネーロンダリングなどが横行する中で、世界各国がそういった危険な組織への資金の流入を防ぐために手を組みはじめている。

怪しいお金の動きがないか各国が監視し正当な要求であれば情報を開示し合うのだ。

 

年々オフショアを含む海外資産への取締りは厳しくなっていると感じる。もちろんまだまだグレーゾーンな抜け道はあるが、脱税で逮捕されたら元も子もない。

ちなみに未だに、節税できますよーとかいういかがわしい営業トークで勧誘してくる下世話な人間もいますが、オフショアでどうこうというのはもはや古い都市伝説と考えたほうがいい。

節税のためにやるならやらなくていいくらいだ。どちらかというと資産分散の一つとして考えることをおすすめする。

オフショア投資は違法?合法?

これには様々な見解があり、一概にどっちとは言えない。

違法ではないが、真っ白の合法でもない。というのも外為法ではOKだが金商法や保険業法では一部規制されているからだ。

例えば、保険業法186条にはこんな内容のことが書いてある。

 

  • 186条1「日本に支店がない海外の保険業者は日本居住者に商品を販売したらダメよ」
  • 186条2「日本居住者が海外の保険に入るには内閣総理大臣の許可が必要よ。じゃないと罰金50万円以下に処すよ」

 

ようは、海外の保険業者が日本で販売することは禁止されているが、日本に住んでる人が自分から海外の保険に入りたいなら総理の許可されもらえばOKということになる。

しかし海外の保険に入ってる日本人なんて僕も含めてたくさんいるし、みんながちゃんと内閣府に電話して「もしもし、海外の保険入りたいので許可ください」なんて実際やっていない。ついでにそれで国から罰金請求がきたなんて話は聞いたことがない。前例がないのだ。

つまり形として規制はしてるがいちいち取締りなんて出来ないから放任されてるというのが現状である。

 

まあ個人的には、国が規制する理由もよくわからんと思っている。国民のためとか言いながら国民から海外情報をシャットアウトして、クソみたいな金融商品しか選択肢を与えずに、税金をむしり取って無駄遣いばかりする。

挙句の果てには、今の僕たち世代には老後年金すらたぶん支払う気はない。それで今の若い世代にこの先どう生きていけと。

僕は日本は大好きだが、今の日本政府のやり方は好きになれない。こんな政府に自分の運命任せられるだろうか。安心して今後豊かな人生を送っていけると思えるだろうか。

国が出来ないなら自分で勉強して行動するしかない。幸いなことに、先人のおかげで日本人はそれが出来る環境にある。個人と国家は切り分けて考えるべきである。

オフショア投資はやった方がいい?やめた方がいい?

ここまで読んでオフショア投資の全体像をザックリなんとなくでも理解していただけたら嬉しい。

どうしても細かい説明を挟まないと解説しきれない部分はあるが、大事なポイントについてはある程度うまくまとめられたんじゃないかな。

 

で、個人的な見解としてはオフショア投資は資産保全の一つとして組み込んだほうがいいと思っている

少し海の向こうに目を向けるだけで便利な商品がいっぱいあるのに、それを知らないまま日本でしょーもない保険や投資信託にお金を入れておくしか選択肢がないと思うのは、非常にもったいないことだと思う。

とくに海外積立などは少額から出来るのも多い。金利もつかない日本の銀行に預けておくくらいなら、今のうちに海外でコツコツ積立ておくだけで先々にはそれなりに大きなリターンとなって返ってくる。

 

それに、海外に目を向けて積極的に学ぼうとする姿勢がマネーリテラシーを高める大きな第一歩にもなる。

ただ待って口を開けていても誰もエサなんて与えてくれない。自分から手を伸ばし、足を動かし、取りに行く。

とくに今の若い世代は日本に収まっていて国に頼って逃げ切れる世代ではない。自分で考え世界をフィールドに動いていくことが肝心だ。

最後に

日本ではお金の話はタブーであり教育されないということから、残念だが世界的に見てもマネーリテラシーはものすごく低い。

ところが皮肉なことに、みんな心の中ではお金が欲しいと願っている。総中流社会というバブル期の幻影を今でも信じ込み、時代の流れに対応できずにお金に困っている人もたくさんいる。

日本教育の犠牲者とも言えなくはないが、誰かのせいにして解決するならそれでいい。しかし、国のせいにしたところで僕たちの生活が豊かになるわけはない。

最終的には国に任せてしまった自分の責任。自分の運命は自分で切り開くしかない。

 

何度も言うが、国と個人の資産は切り離して考えよう。日本や世界がどんな状況に転んだとしても、立ち直るだけの資産を環境の違う場所にもっておくこと。資産分散は必須である。

 

というわけで以上、最後までご覧いただきありがとうございましたー。

2 Responses to “海外オフショア投資の特徴・デメリット|世界一分かりやすく噛み砕いてを説明しよう。”

  1. おはようございます。
    海外オフショアがパナマだけではないことや、
    メリットとデメリット、日本国政府のこと、
    全てわかりやすく説明してくださってありがとうございます。
    本当に貴重な記事に感謝しています。
    不満を言っても意味がないので、自分で動くしかありませんね^^;

    • コメントありがとうございます。今の僕たち日本人は先人のおかげで幸運にも世界にでる信用と環境が用意されています。自分次第で何とでもなるので早めに動いておいた方がいいですね。

コメントを残す