成功できない人間タイプベスト3

ビジネスにしろ何にしろ、
結局は「自己責任」です。

成功を作り出すのは自分以外の何者でもないし、
冒険せず安全エリアで生活するのも自分の責任だし、
お金がなくて食っていけなくなっても自分の責任です。

dead end

これは意識する、しないに関わらず
すべて自分の責任なんですよね。

そして、
心のどこかで「自分は被害者だ」と思っているようなうちは、
いつまでたっても成功なんてできないっす。

 

 ということで、
まだまだ自己責任という本当の意味を理解していない方のために、
「成功できない人の典型ベスト3」を発表します。

 責任転嫁する人
 正当化する人
 愚痴る人

この3タイプは要注意です。
典型的なダメダメ人間パターンなのでこういった人間には
できるだけ近づかないようにしましょう。

 

 責任転嫁する人

被害者意識が強く、うまくいかない場合には
常にまわりの誰か(何か)が悪いと言い出す人。

経済が悪い、政府が悪い、業界が悪い、会社が悪い、
上司が悪い、部下が悪い、先方が悪い、運勢が悪い・・・
そして、いつも悪くないのは「自分だけ」の人です。

 

 正当化する人

これまた被害者意識が強く、自分の状況をいつも
もっともらしい言い訳をつけて正当化する人。

このタイプの人間でよく耳にする口癖の一つが、
「結局、お金なんていくらあってもしょーがない」です。
もちろん本人は持っていないし持ったこともないのです。

 

 愚痴る人

経済状況や人間関係など、常に悪いことばかりに
目を向けて生活している人。

うまくいかないことばかりに注目して意識を向けていると、
自然とそういったことばかりが引き寄せられてきます。
「類は友を呼ぶ」ではありませんが、いつも飲みの席で
ぐちぐち言っている人とは今後飲まないようにしましょう。

 

こういった成功しないタイプの人間に共通しているのが、
やはり「被害者意識」なんですね。

つまり自己責任なんて言葉の意味すら
まったく理解できていないわけです。

 

何一つメリットがないのに、
一体なぜ被害者意識を持とうとするのか?

 

それはやはり、人から注目されたいんです。
自分の失敗や悲劇に同情して欲しくて
こういった思考、行動になってしまうのです。

僕も偉そうに言っていますが、
この間違いは誰しも必ず一度は犯したことがあるはずです。

しかしこれは、
「注目」と「愛情」の履き違えなんですよね。

 

全ての責任が自分にあることを認め、
自分の人生は自分で選択していくしか成功への道はないっす。

 

 

PS:
そういえば、僕のトレーダーの友人が
昔こんなことを言っていました。

「投資は自己責任で」ってよく言われてるけど、
本当の意味でこの自己責任を理解してるトレーダーは少ない。
自分がエントリーした瞬間にアメリカの要人発言で相場が激しく動き
損失を発生させたとする。「あいつがしゃべったせいで!」と思う。
相場が乱高下してる時にエントリーして、損切りしようとした瞬間に
証券会社のホームページにアクセスできなくなる。「証券会社が悪い!」
取引の最中に停電する。マウスが壊れる。突然意識を失う。家が火事になる。
犬がキーボードに乗って誤発注する。隕石の直撃。宇宙人が・・・
あげたらキリがないけど本当に全てを自分の責任として受け入れて、
その上で全てに対処できる自信をもたないとトレードでの成功はない。

 

いやほんと、その通りです(´<_` )

コメントを残す